クリアネイルショット 爪水虫いろいろ 爪水虫治療ガイド

爪水虫(爪白癬)の治療ガイド まとめ

更新日:

爪水虫治療ガイドの記事をこのページにまとめました。
1日でも早く 爪水虫根絶への道が開ける事を祈ります。

爪水虫の原因

原因①白癬菌が爪の中に入り込む

白癬菌って知っていますか?これはカビの一種で、爪の中に入ることで水虫となります。基本的に足の親指の爪が感染するそうですが、爪が白く濁ってボロボロになっていたら間違いなく爪水虫のようです。

手の爪と違って、足って日常的によく目につく部位ではないですよね。爪水虫はかゆみや痛みなどの自覚症状がないようなので、なかなか感染に気付きにくく、爪の白さに気づいたときにはもう感染してしまっていると考えて間違いないようです。

とにかくこの白癬菌が肌や爪に接触することで、皮膚から侵入し、爪へと到達し、爪水虫となるのです。

原因同じ靴を履きつづける

image2

 水虫の元となる白癬菌というカビは、じめじめと高湿度の場所が大好きです。ちょっと思いだしてみてください。男性の方は勤務中、どんな靴を履いていますか?スーツを着る方は革靴の方が多いのではないでしょうか。

革靴のような、通気性のあまり良くない靴を履いて、一日中歩いたり、社用車で営業周り中ずっと靴を履きっぱなしということが多いですよね。

女性はと言うと、とくに冬場には、ブーツを履く方が多いですよね。男性の革靴と比べ、縦に細長いブーツは通気性の悪さでいったらダントツです

そして、寒い時期でも足は汗をかきがちです。そんな靴の中がどうなっているのかジメジメ、ムシムシ、白癬菌にとって格好のすみかとなり、どんどん繁殖してしまいます

 出かけ先でこまめに脱ぐ、なんて難しいですが、同じ靴を履き続けるリスクは知っておくべきですね。

 

原因共有するものに触れる

image3 

白癬菌がどうやって人から人へ渡り歩き、感染という現象が起きるのでしょうか。

それは、他の人の白癬菌のついた敷物や床、バスマットなどを通して感染していくのです。例えば、スーパー銭湯のような入浴施設、プール、家庭のお風呂マットなどなど素足で直接触れるような場所は白癬菌が付着しており、それに触れることでどんどん他の人に感染していきます。白癬菌ははがれた皮膚などの中にも存在していますから、それらが床やマットに付き、別の人にくっつくことで広がってしまうのです。かといって、それら感染源となるものに全く触れない、というわけにもいかず、困ってしまいますね。

 とくに家族に一人でも白癬菌保持者がいたら、共有で使うものは無いようにこころがけないと、家族全員にあっという間に広がってしまいます。すべてを分けるのは大変ですが家族全員に感染してしまっては大変です。

 共有するものを介して感染する、と覚えておきましょう。


爪水虫の症状

爪に白いスジが入る

爪水虫は、まず足の親指から発症することが多いそうです。再発も多い爪水虫。まだかかったことがない方は、足の爪をこまめに見ていくといいでしょう。

足の爪を見たとき、縦に腺がいくつも入っていたら注意。本来爪には筋はつかないものなんだそうです。足の爪の表面をよく見るのはなかなか大変ですが、お風呂上りやちょっと時間のあるときにこまめにチェックするといいでしょう。ペディキュアを常に塗っている女性の方は、塗り直す際に必ずチェックすることを習慣づけるといいですね。

また、目で確認するほかにも、触ってみれば筋が入っているかどうか分かりますから、そうした方法でチェックしてみてもいいかもしれません。

爪が厚くなり濁って見える

爪水虫に感染した爪は、分厚くなります。他の指と比べてみて、厚みを感じるようであれば変化が起こっている証拠です。そして、爪の色にも注意です。白や褐色に濁ります。すべての爪が一斉に感染するというより、少しずつ感染していきますから、他の指の様子をみながら症状を把握していくといいですね。ここまでの症状であれば、一晩で一気に変化が認められるということはありませんから、常にチェックしていきたいですね。

もともと足の爪、とくに親指は厚めですから、健康な状態を知っておいて、変化があったときにすぐに気づけるようにしておきたいものです。

爪が変形する

そうして、爪全体の形に変化が起こります。白癬菌に侵されて爪の組織に異常が起きているわけですから、爪の形そのものが影響を受け、もとの形を維持することが難しくなっていきます。

こうなってくると、ペディキュアはおろか、サンダルを履いているとちょっと人目が気になる状態ですね。

常日頃から、健康な状態をチェックしておいて、すこしずつの変化になるべく早く気づけるようにしたいですね。

爪の表面が崩れてボロボロに

 image2

 

 

全体の変形のあと、いよいよ爪がもろくなっていきます。爪の表面が削り取られるようにポロポロと、表面組織がくずれていきます。白癬菌が完全に爪の組織を侵食している状態です。爪は指先を守っている抑割も持つので、こうなると歩くことにも支障がおきそうですね。

こうなると、完治までも時間がかかりそうです。そして衛生面が気になりますね。もろくなった爪の隙間から他の雑菌が入り込む恐れもありそうです。できればここまでひどくなる前に食い止めたいものです。

爪の周りに炎症が起こる

初期の爪水虫は痛みやかゆみなどの症状は無いのですが、爪水虫が悪化し、白癬菌に完全に侵食されると、爪の周りに炎症が起き、痛みを伴います。靴の脱ぎ履きだけでも痛みを伴うので、日常生活に支障がでるレベルです。基本的に爪に痛みがおきたら爪水虫を疑うべきです。
超本気で「爪水虫」を改善したい人限定!『クリアネイルショット』


爪水虫の治療法

塗り薬より飲み薬!

image2

 テレビのコマーシャルやドラッグストアで見かけるのは、主に足水虫の治療薬です。見たことある方は分かると思いますが、塗り薬のタイプが多いですよね。しかし、爪水虫は塗り薬では治らないのです。なぜかというと、水虫の原因となる白癬菌は固い爪の中にいるので、表面に塗るだけの塗り薬では、爪の中まで浸透しないからです。

 そこで体の内部から働きかける飲み薬が最も効果が高いのです。ただ、白癬菌に侵され、ボロボロになった爪は、キレイにすることが完治の目標となるのではありません。一度ボロボロになった爪は元通りになりませんから、新しい爪が生えてきて完全に生え変わるまで、根気よく服薬を続けなければ意味がありません。

爪水虫とは、じっくり腰を据えて付き合っていく必要がありますね。

レーザー治療は奥の手

爪水虫には飲み薬が効果的と伝えましたが、爪水虫に悩むすべての人に適用されるわけではありません。服薬を試みても効果が薄かったり、肝臓の機能に異常があるような人は、服薬による副作用が生じる疑いがもたれています。また、持病があって、飲み合わせに制限のある方もいます。

そうした方は服薬による治療はできません。そこで選択肢としてあるのが、レーザーを照射して治療するレーザー治療です。こちらは保険がきかないため、自費治療となりますが、そうした事情がある方でも治療が可能なため、選択肢の一つとして選ばれています。

 服薬は効果を感じるまでに時間がかかり、服薬期間も長期に渡りますが、レーザー治療は直接患部に照射できるため、効果を実感できるのではないでしょうか。

自覚したらすぐ専門家のもとへ

image3

 爪水虫は治りにくいというポイントと、市販の塗り薬では効果が得られません。間違った治療法で対処していると、治らないばかりか、周囲の人にどんどん感染させてしまいます。怖いですね。

 すこしでも爪の異変を感じたら、まずは専門家に的確な診断を下してもらいましょう。そして、最も適した治療法を聞き、指示に従うことです。爪水虫に適した薬は医師の処方が必要なことがほとんどで

専門家に診断してもらう事が、完治への最も短い道のりと言えるでしょう。


爪水虫の治療薬

飲み合わせのリスクがないラミシール

image2

 まずこの薬は、真菌の増幅を抑える効果を持つ薬、ラミシールです。6か月間の服薬期間が必要ですが、1回の服用が1錠のみなので、比較的服用に抵抗感がないところがいいですね。また、飲み合わせにNGな薬もないので、他に服薬がある方でも安心して服用することができます。

 気になる金額は、健康保険が適用されて、1ヶ月4300円です。1ヶ月に1錠飲むだけで悩んでいた爪水虫が完治出来れば決して高くはないですね。ちなみに服用者の8割が1年後には完治しているそうです。

 注意ポイントとしては定期的な血液検査が必要だという点です。実はラミシールは、肝障害などの副作用の恐れを持ち合わせているため、血液検査で肝臓が正常に働いているかをチェックする必要があるのです。

服用期間が短く、生活スタイルに合わせやすいイトリゾール

続いて、イトリゾールは細胞膜の生合成を阻害、真菌を殺菌する服用薬です。こちらは1回2錠の薬を1日2回、と服用量はラミシールより多いものの、トータルの服薬期間はパルス療法を用いて服薬しますので、服薬期間は短くなります。こちらも健康保険が適用され、1ヶ月10500円です。服薬期間が短いため、トータルでは6ヶ月服用するラミシールよりは安価となります。

また、服用しない期間に飲酒も可能なので、お酒を飲まれる方にはいいかもしれません。

 ちなみにパルス療法とは、1週間休まず服用したあとに3週間休むというサイクルで服用する療法です。このため、服用期間3か月間とされていますが、実質服用期間は3週間ということになります。

にごり爪専用ジェルは手軽に使えて安心!

image3

 上記2つの服用薬とは違い、にごり爪専用ジェルは爪に直接塗るタイプのケア商品となります。Dr.G’s クリアネイルクリアネイルショットなどがあります。服用薬とは違い、副作用の心配がないため手軽に使用することが可能です。とくに、肝機能に問題がある方、薬の副作用が心配な方にはうってつけのケア商品ともいえるでしょう。

 1本1本爪に塗る手間はありますが、服用薬の注意ポイントに比べればかなり利用しやすいといえるでしょう。

 ちなみに、比較的歴史のあるDr.G’s クリアネイルに比べ、クリアネイルショットは日本製です。

入手のしやすさなどからご自身にあった物を選ぶといいですね。

 ジェルの注意ポイントとしては、あくまでもケア商品なので、症状の経過観察や悪化した場合のケアなど、医療機関にかかっていないため、素人判断になってしまう点です。ご自身の爪水虫の症状に合わせて考えてみる事をお勧めします。


にごり爪根絶の救世主!クリアネイルショット!

塗るだけでOKの手軽さ!

 一般的ににごり爪には医師の診察のもと、服薬を処方してもらう必要があります。水虫の薬というと、テレビのコマーシャルで良く見かける、クリームタイプやスプレータイプの塗り薬をイメージしますが、あれは、皮膚が白癬菌に感染した足水虫の治療薬なのです。にごり爪は、その悩みの種がさらに固い爪の奥深くまで侵入して感染した状態なので、そうした塗るだけの薬では内部まで薬効成分が届かず、治療できないのです。そのため、体の内側から作用する服用薬が処方されるのです。

 ですが、服用薬は副作用の問題や、他に服薬がある方にとっては飲み合わせの問題など、少なからず体に負担がかかります。通院し、新たに処方してもらうのも手間がかかりますね。ところがクリアネイルショットなら、清潔な爪に一日一回塗るだけでという手軽さなので続けやすいんです。

ポイントは浸透力

 そもそも爪は、皮膚とはまた違う固いたんぱく質に覆われており、悩みの種はその内部に侵入しています。その内部にまでいかに有用成分を届けるかがポイントとなってきます。

そこで、もともと爪のたんぱく質が油になじみやすいという「親油性」という性質を利用し、悩みのタネに作用する成分をオイルで包むことでスピーディーに浸透させるという「浸透力特化型製法」でつくられたのがこのクリアネイルショットなのです。

『クリアネイルショット』

爪に優しい処方で安心

image2

 毎日塗ることが必須となりますが、そうなると成分が心配ですね。ところがこのクリアネイルショットは、悩みのタネを退治する強い成分とは裏腹に、竹・ティーツリー葉・スクワラン・アボカドなど、植物由来の成分で構成されており、肌への負担も心配せずに毎日使うことができます。

使用後でも安心の全額返金保障で試しやすい

 

image3

 気になるお値段ですが、7g入りでお試しコース利用で1本当たり2970円と、通院と比べるとお手軽価格ではありますが、なんと、使用後でも全額補償制度があるのです!自信があるからこその制度だとは思いますが、これなら迷っている方もとりあえず試してみることができて安心ですね。また、優しい成分になっているとはいえ、肌への影響が心配な方もいることでしょう。まずは試してみる気持ちで購入することができて安心です。

感染してしまったら、とにかく根気よく対処していくことが必要となる爪水虫。自然治癒は期待できないので、いかに負担なく続けられる対象法であるかどうかがポイントとなりますが、クリアネイルショットはほぼすべての条件をクリアしているといってもいいのではないでしょうか。

自分のためにも、そして同居している周囲の人たちのためにも、クリアネイルショットを使って、一日でも早く悩みのタネを吹き飛ばしましょう‼

詳しくはコチラをクリック!→『クリアネイルショット』

オススメ!爪の悩み専用ジェル

今生えている爪のケアはもちろん、
新しく生えてくる爪の 健康的な成長をサポート
厄介な爪の悩みを根絶します
今なら全額返金保証

※詳しくはコチラをクリック!→爪の悩みに クリアネイルショットアルファ

足のケアに→足にはこれ!

 

-クリアネイルショット, 爪水虫いろいろ, 爪水虫治療ガイド

Copyright© 爪の水虫ドットコム|爪水虫の治療ガイド , 2019 All Rights Reserved.